付記:要は、これが“技能チャレンジ”なんですよ

 わかる人は、この動画見ただけで納得してくれると思う。

D

 複雑度5(要12回成功)
 メイン技能:〈事情通〉、〈交渉〉、〈はったり〉、〈威圧〉、〈看破〉
 副技能:〈運動〉、〈持久力〉、〈歴史〉、〈隠密〉

 戦闘によらない遭遇。RPや技能で次次と変わる状況に対処し、問題を解決する冒険というスタイルは既に僕たちの知っている物語像にあり、技能チャレンジはこれを再現するのに大変優れています。
 キーとなる考え方は、

    • 技能チャレンジは“手の込んだ技能判定、拡大された技能判定”ではない。
    • 技能チャレンジは幅広い分野の技能や能力を要求し、また独創的な発想、即興だが適切なアイデア、すばらしいRPなどによって展開、遂行されるべきである。そして、そのように組み立てる必要がある。
    • 技能チャレンジは数時間、あるいは数日に及ぶ作業を表現できる。そして、そのようなチャレンジであるべきだ(短い時間で済むなら、単なる技能判定でよろしい)。

 ……詳しいことはまた後で。